日本は高温多湿な気候風土です。
住まいの耐久性を損ない家の寿命を縮めるのは、
壁体内にはいりこんだ湿気と、それが冷やされてできる結露です。
プレウォールはこれらの湿気対策、結露対策として内部結露をさせない設計がなされています。
目に見えない壁の中を乾燥させた状態に保ち、腐朽菌やシロアリの発生を効果的に抑制し、
いつまでも住まいを丈夫で健康な状態に保ちます。

プレウォールの最大の特徴として
抜群の断熱性能を持つ断熱材「フェノールフォーム」を採用しています。
このフェノールフォームは、一般的な断熱材である繊維系断熱材の欠点である
吸水性の心配がありません。
内部結露もおきないので家は長持ちするのです。

 

内部結露のメカニズム

他素材
他素材

壁(断熱材)の中が湿っている状態が続くと、柱や土台を腐らせる原因となり、建物の耐久性を損なってしまいます。

プレウォール
プレウォール

壁(断熱材)の中は常に乾燥。さらに気密性も高いので、湿気が入りこむすきを与えません。柱や土台が腐ることなく、健康な状態を保ちます。

フェノールフォームの特徴

耐水性
丸一日も経たない内に維持系断熱材には水が浸透し沈みかけてしまいます。
断熱材の吸水実験
耐火性
燃焼時ガスの発生量比較
耐劣化性
耐劣化性
 

通気 壁体内で結露させない通気工法

結露を防ぐため、プレウォールでは
壁の中の湿気を外に排出する
「通気層」と「小屋裏換気スリット」を採用。
壁体内通気層が空気を流動させ、
小屋裏換気スリットが湿気を排出。
また通気層は、雨漏りの原因ともいわれる
室内と室外の気圧の差を少なくする効果もあります。

通気 壁体内で結露させない通気工法

床下換気で湿気をシャットダウンする基礎パッキン工法

プレウォールでは基礎の全周囲に通気スリットを設ける基礎パッキン工法を採用。
床下全体に空気の流れをつくるとともに湿気を排出。
また、床下と建物内部とを完全に遮断することで、床下の湿気が壁の中に入ることはありません。

床下から建物内部への外気の侵入が無い

パッキン工法

基礎全体に
外気が
流れる

換気 計画換気で家の中の空気はいつもフレッシュ

料理の際の水蒸気、ニオイ、ほこりも排出 住宅には、健康を害することがないように、
室内の湿気や汚れた空気を入れ替える『計画的な換気』が必要です。
隙間の多い住宅では、風や室内外の温度差によって漏気がおこり、
「計画的な換気」を行うことができません。
一方、プレウォールの住まいは、気密性能が高いため、
「計画的な換気」をしっかり行うことができるので、
家の中の空気をきれいに保ちます。

ページトップへ
ページトップへ