ワンランク上の快適さへ プレウォール工法

お問い合せ・資料請求
耐震性

耐震性

耐震性

大地震にしっかりと耐え大空間・大開口もかなえる

柱、梁、壁、床が一体となって支えることですぐれた耐震性を発揮し、その耐震性によって
大空間・大開口の設計を可能にしました。パネル工法の強度と在来軸組工法の自由度をあわせもったプレウォールが、
「強度」と「くらしの豊かさ」の両立を実現します。

モノコック構造が、外からの力を分散! だから大地震に強い

軸組と床・壁パネルを組み合わせたプレウォールを導入することで、耐力壁をバランスよく配置する「モノコック構造」が実現。
高い耐震性の実現に最適な建築構造です。

モノコック
モノコック構造 外部からの荷重を面全体で分散し受け止めることで高い強度を発揮。
在来軸組構造
在来軸組構造 外部からの力が柱や梁などに集中しやすく、全体的に十分な強度を発揮しにくい。
2×4工法にくらべ間取りを自由に 在来軸組工法にくらべ
約2倍の耐震性
水平荷重(地震・台風)&鉛直荷重(家自体の重み・積雪など)

強い床面も強さのポイント

太い梁と柱、骨組み、壁だけが強くても床面などが弱ければ建物は外力によるねじれに弱くなります。
プレウォールでは床面に厚さ24mm以上の構造用合板を使用しています。
この強い床(剛床構造)によってモノコック構造が
さらに強固なものとなり、大地震による水平・垂直にかかる力を瞬時に分散することができるのです。

繰り返す揺れにも効果!

プレウォールでは本震だけでなく、繰り返す余震にも備えるため、「真壁構造」を採用しています。

東日本大震災で発生した
余震(発生後1週間)

○震度5以上…16回
○震度3以上…336回

余震を想定した強度実験

高強度だからできる、オープンな間取り

強度にすぐれたプレウォールで建物を支えているので、間取りの制限が少なく、大空間・大開口をとることも可能。
吹き抜けや大きな窓がある広々としたリビングなど、ご家族の夢をかなえ豊かなくらしをとどけるプランがつくれます。

制震装置「ジオフォルテ」

ジオフォルテ

高減衰ゴムが地震の力をしなやかに吸収し、制震装置「ジオフオルテ」は、建物(2階)のゆれ幅を軽減します。
心臓部の「高減衰ゴム」は約100年の耐久性。さらに「工場でのパネル化」によリ、安定した施工品質と現場施工費の軽減を実現します。

※「制震」とは、日本全国の斜張橋や高層ビルなどに採用されている、最新の揺れ防止技術です。

バランスよく配置した「制震装置」が、大きな効果を発揮します

在来木造用「制震装置」はセンターフレームと制震ダンパーで構成。建物に地震の力がかかると、テコの原理を応用してセンターフレームが地震エネルギーを効果的に制震ダンパーに伝達。
「高減衰ゴム」が伸縮しながら地震のエネルギーを熱エネルギーに変換・吸収し、揺れを抑えます。

揺れを制御する
しくみ

  1. 地震が発生すると、地震のエネルギーが建物にかかる。
  2. テコの原理を応用して、変位拡大機構が地震のエネルギーを制震ダンパーに効果的に伝える。
  3. フレーム上下の制震ダンパー部の「高減衰ゴム」が伸縮し地震のエネルギーを熱エネルギーに変換して、揺れを制御。

最先端技術「高減衰ゴム」と「制震ダンパー」の仕組み

「制震装置」の制震ダンパーには、一般住宅用として開発された「高減衰ゴム」を使用しています。
「高減衰ゴム」はゴムに加わった変形を熱エネルギーに変換することで、振動を吸収します。
建物にかかる運動エネルギーを熱に変換し、衝撃を最大約50%も軽減します。

強さの秘密は、「高減衰ゴム」。耐久性・耐候性は日本全国の斜張橋で実証済み

つねに風雨にさらされて激しい振動を受ける斜張橋。「高減衰ゴム」はそのような斜張橋の揺れを防ぐケーブル用ダンパーとして使用されています。この日本全国で実績を誇る「高減衰ゴム」の技術が使われています。温度依存性が非常に小さく繰り返し安定した高減衰性能を発揮することができ、メンテナンスの必要もほとんどありません。

バランスよく配置した「制震装置」が、大きな効果を発揮します

大地震や大余震、台風・暴風まで繰り返し効果を発揮します

地震の脅威は一度だけとは限りません。大地震が発生した後も、ほぼ同規模の大きな余震が立て続けに襲ってくるケースも多く見られます。『ジオフォルテ』は地震の揺れに対し、繰り返し効果を持続できるすぐれた耐久性と耐候性を備えているので安心です。さらに、中小地震はもちろん、大型台風や暴風に対しても高い減衰効果を発揮します。

ジオフォルテ耐震+制震